関連製品

関連製品

帯材製品の詳細を読む >>

帯材部門

帯材部門は、幅広い精密帯鋼製品を開発および製造しています。 また、表面技術事業部門を通じて、水素燃料電池スタックの最も重要な部品の一つであるバイポーラプレート用のプレコート帯鋼も提供しています。

精密帯鋼は、主に民生用、医療用、産業用、輸送用の各分野の顧客に対して、ナイフ、カミソリ、ドクターブレード用鋼やコンプレッサーバルブ用鋼などの製品として使用されています。

また、自動車やトラックの燃料電池技術や水素製造などに使用される被覆鋼板も提供しています。

最大の地域市場は欧州で、2021年の帯材の売上高の約47%を占め、次いでアジア (43%)、北米 (8%)、その他の市場 (2%) となっています。

収益: 1,628 MSEK
調整EBIT 12.7%
従業員数: 519
事業部長Claes Åkerblom

(数字は2022年のもの)

帯材部門の主な競合他社には、日立金属、Voestalpine、Jindal Steel and Power、Zappの精密板金部門があります。

主要財務情報

収益はエンドユーザーではなく購入顧客の所在地で認識されます。